ミックス猫のミュウ君をよろしく♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いのちの授業
2008年09月07日 (日) | 編集 |
昨日の午後、講演会に行ってきました。

「いのちの授業―いのちのバトンタッチ―」

長女を小児がんで亡くした鈴木中人氏を講師に
いのちの大切さ、家族の絆、人は皆に支えられて生きている等
ご自分の経験を基にお話してくださいました。

自分の子が小児がんと宣告された時、ガンが再発し余命数か月と
聞かされた時の気持ち

子どもの前では決して涙を見せないと夫婦で誓い
それを最後までつらぬいたこと

幼い子どもが必至で病気と闘っている姿

やっとよくなり、検査の結果も良好で退院できると喜び、
それでも、念のためと検査したCTで脳への転移を知った時の悲しみ

お嫁さんが大好きで、自分の結婚式の様子を絵に描いて
嬉しそうに見せてくれたこと

大好きなお嫁さんの姿で棺におさめられている娘を
花嫁の父として送りだしたこと

そしてたくさんの方の支え


講演会では、率直に気持ちをお話してくださっていましたが、
私には計り知れない悲しみ、絶望、苦しみがあったと思う。
もし、我が子がと考えただけでもつらい。

今、鈴木氏は小児がんの支援活動に携わっていますが、
ボランティアではなく、つみほろぼしだと言っていました。
ガンを早く見つけてあげられなかったこと、助けてあげられなかったことへの…

でも、私にとっては、
忘れかけていた何かを思いおこさせてくれた講演会で、
つみほろぼしでも、ボランティアでもなく、
多くの人に愛を与えてくださっていると感じました。

命の大切さ、家族の絆、支えあうことの大切さを改めて感じさせられました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。